カオス・ストーリー2

☆最新エロ動画が満載!!☆
NEW1○9で働く極上ギャル
酒を飲み電マと指マンで大量に漏らしてガン突きされ絶頂!


渡辺麻友


最近同じチームのメンバーが仕事が終わるとすぐ帰ってしまう。
いろいろ確認をしたいのだが。
今、その点で頼りにできるのかキャプテンの柏木だけになっていた。
麻友「ゆきり〜ん!」
由紀「何…麻友ちゃん?」
麻友「あの…ここのここは…?」
由紀「ま、まぁ…ゆっくり話そう」
麻友「え?」
誰もいない更衣室。いるのは柏木と渡辺だけになっていた。
麻友「ありがとう!さすがキャプテンだね!それじゃ今日もお疲れ様バイバーイ!」
由紀「あ…待って!」
麻友「はい?」
由紀「私の話聞いてくれない?」
麻友「え?いいけど…」

由紀は話し始めた。
由紀「キャプテンからして最近思うのはなんか…みんな帰るのが早くなった気がする…」
麻友「えぇ…そうかな?」
由紀「とも〜みもそうだし里英ちゃんもみゃおだって…」
麻友「あぁ…そういわれればそうだね…何でだろうね?」
由紀「もしかしたらたかみなさんが言ってたみたいに男の人と関係ができてるんじゃ…」
麻友「ま、まさかぁ…考えすぎだよ!たかみなさんだって最近いろいろあるからピリピリしてるんだし…」
由紀「そうだといいけど…」
麻友「まぁ気にしない方がいいんじゃない?じゃぁね!」
由紀「あ!麻友ちゃん…」

麻友「ゆきりんも考えすぎだなぁ…ま、私には関係ないけどね!」
由紀と話したあとのまま麻友はアニメイトに向かっていた。
麻友「う〜ん!やっぱりアニメだけは私を幸せにしてくれる!」
最近忙しくなかなか来れていなかったので少し店内を見てまわった。
麻友「ちょっと今だけじゃ見きれないなぁ…明日らぶたんとまた来よう!」
ということで何も買わず帰った。

麻友が店を出て少しした。
客が来た
??「ここだけだなぁ…自分の居場所…誰もアニメの魅力を分かってくれないもんなぁ!」

翌日
麻友は愛佳(らぶたん)を誘ってアニメイトに行った。
麻友「なんか少し間が空くとすぐ変わるね…」
愛佳「うん…。私も一週間前に来たんだよ。何があったんだろう!」
麻友「でも、雰囲気変わってるからいつもよりも楽しめそうだよね!」
愛佳「そうだね!」
わくわく気分で2人は店に入った。
周りを見ていて前に人がいるのを気づかない。
ドン
麻友「あ、すいません…。大丈夫ですか?」
??「ま、まぁけがしてないですから…」
麻友「ごめんなさい。周りがいろいろ変わりすぎてて状況が呑み込めなかったんです…」
??「へぇ…そうなんだ。自分も久しぶりに来たんでちょっとビックリしてたんだよ!」
愛佳「アニメ好きの何かの縁。一緒に巡りませんか?」
??「そ、そう?じゃ、御言葉に甘えましょう!」
麻友「それなら名前を教えて下さいな?」
??「あぁ…昇っていいます」
愛佳「昇さん…今日はお願いします!」
昇「いやいやこちらこそ」

3人はそれぞれ好きなアニメやキャラを言い合ったりした。もちろんアニメイトも隅から隅まで見てまわった。
昇「いやぁ…すごいなぁ。2人のアニメの知識量がハンパない!自分がまだまだってのがよく分かった」
麻友「そんなことないですよ!私も知らない情報教えてくれましたし」
愛佳「アニ友はいっぱいいると面白いね!」
昇「そうだね!」
愛佳「あ…ちょっとトイレいってきます…」
麻友と昇は2人になった。
麻友「あの…もっと昇さんの話聞きたいんでまたお会いできませんか?」
昇「え?まぁ構わないけど…」
麻友「じゃ、決まりね!番号教えるから電話待ってるよ!」

握手会楽屋
麻友「電話こないかな…」
携帯が鳴る。
麻友「お…きた!もしもし!」
昇「あ、麻友ちゃん。もし明日空いてたら、一緒に行かない?」
麻友「どこに?」
昇「アニメイトに決まってるじゃない!」
麻友「あぁ…そうですよね!行きましょう!それじゃアニメイトの前で待ってます!」
昇「うん。じゃ、またね!」
麻友「バイバイ!」
電話が切れる。
麻友「やっとかかってきた…」
由紀「麻友ちゃん誰と話してたの?」
麻友「ゆきりん!電話の相手?アニ友だよ」
由紀「男の人?」
麻友「そうだけど…もしかしてゆきりん私が関係持とうとでも思ってるの!?」
由紀「ま、まだ言ってないよ…」
麻友「そーんな心配しなくても私は二次元の人しか愛してないからさ!」
由紀「う、うん…」

翌日
麻友の方が先に店の前に来ていた。
そこに昇が遅れて来た。
昇「ごめん…寝坊しちゃった!」
麻友「もぉ…誘ってきた方が遅刻しちゃだめじゃん!まぁいいけどいこ!」
昇「そうだね!」
2人とも今回は大量にグッズを買い込んだ。
昇「うわぁ…麻友ちゃんいっぱい買ったね!」
麻友「いやいやこれくらい買わないと期間限定ものとかもありますし…でも結構重たい…」
昇「仕方なしなぁ…。少しくらいなら持ってあげるよ」
麻友「あ、あぁ…ありがとうございます…」
まだ時間があったのでご飯を食べることにした。

昇「麻友ちゃんってかわいいけど仕事は何してるの?」
麻友「え…知らない!?」
昇「う、うん…」
麻友「そっかぁ…だから初めて会ったときに騒がなかったんだね」
昇「有名人なの!?」
麻友「あててみなよ!」
昇「え…う〜ん、分からない…。ちょっと電話で聞いてもいい?」
麻友「ま、まぁいいですけど…(え〜どんだけ知らないんですか!)」

昇は友人に聞いてみる。
昇「なぁ…今女の子とごはん食べてるんだけど…」
友人「ヒュー!」
昇「おだてるのはいいから!なんか有名人らしいけど…」
友人「名前は?」
昇「麻友っていう子」
友人「な、何!?名字を聞け」
昇「え?ねぇ、名字何?」
麻友「わ、渡辺ですよ…」
昇「渡辺だって…」
友人「おいおい、それはまゆゆじゃないですか!AKBを知らないのか?」
昇「AKBって言われても知ってるのは前田敦子とか高橋みなみぐらいしか…」
友人「はぁ…。横で聞いてるまゆゆがかわいそうだよ…。まぁ、お前も目線をいただきまゆゆされるんだな!じゃあな!」

昇「え?お、おい、切れちゃった」
麻友「…」
昇「え、えっと自分ね…AKBに関してはうとくてね…その…ごめんね何も知らなくて…」
麻友「私のことを知らないのなら目線じゃなくて昇さんの全部をいただきまゆゆ!」
昇「ん?」
麻友「ついてきて下さい」
昇「は、はい…」

麻友「入って下さい…」
中に入ると
昇「ここは…?」
麻友「私の部屋です」
昇「やっぱりアニメグッズが多いんだね!」
麻友「ごめん…今はアニメどうでもいい…」
昇「え?ちょっ…」
麻友「私のこと知らなかったのすごく悲しい…だから体で分からせてやる…」
そういいながら服を脱ぎ始めた。
昇「い、いやいや…ま、まだ知り合ったばっかりだしさ…ほらAKBって恋愛禁止じゃないの?」
麻友「そうです恋愛禁止です。でもこれは私がファンを増やすためにやっていることだから違うんです。というわけで…」
麻友は話をする間も脱いで下着だけになっている。

昇「(な、何かアニメにも出てきそうなくらいかわいい体してるなぁ…!)」
完全にみとれている。
麻友「じれったいですね…私からいきますよ」
昇「えぇ…もう?わ、わかったわかった。服を脱げばいいんでしょ!」
急いで衣服を取っていく。しかしあまりに急だったので全部脱いでしまった。
麻友「もぅ…ムードとか考えましょうよ…」
昇「どうせ僕はそこまで計算高くないですよ…」
麻友「まぁいいですけど…もともと私のことを覚えるためにやるんだから…。じゃ、みててくださいね…」
そう言うと麻友はまず上につけているものを外しにかかる。

麻友「(男[の子]を罠にかけるなんてたやすいもの…)」
麻友は上のものをゆっくりと見せないように取っていく。
ときおり昇の方を振り向き優しく微笑む。
昇「(う、うぅ…こんな格好であれだけのセクシーなことしてるのを見て興奮しない訳がない…)」
麻友「前、向きますよ」
体を昇の正面に向けた。上半身何もなしで今をときめくアイドルが立っている。
昇「…」
麻友「どうです?アイドルの胸を見てムラムラっときたでしょ!」
昇「う〜。否定できない…」
麻友「次はもっとクラッとさせちゃいますよ…」

そう言うと麻友は再び後ろを向いた。
昇「(も、もしや…!?)」
麻友はショーツに手をかけた。そしてゆっくり下ろしていく。
麻友「ほら…ほらほら!」
昇「(な、何でだ…!?アニメの女の子にしか感じないこの興奮が今くるんだ!?)」
脱ぎ終えると麻友はショーツを昇に渡した。
麻友「どうせ、匂いかぎたいんでしょ…昇さんのピンピンですから…」
昇「(図星だよ…)」
一つ嗅いでみる。
昇「(こ、これがさっきまで麻友ちゃんがつけてたショーツの匂い…いい香りだ…!)」

麻友「昇さん。私のショーツの香りで充分楽しんだでしょ。じゃ、今度は私で気持ちよくなってもらおうかな!」
そして麻友は昇の方を向いた。
紛れも無く16歳の女の子の裸体が昇の視界に入った。
まだ成長途中だが今からやる行為に対しては充分すぎる体だ。
麻友「昇さんは正直だね。顔がすぐ赤くなるんだから!」
昇「アニメ以上に興奮したのは久しぶりだなぁ…」
麻友「ここまでさらけ出しちゃったんでもう今日だけは昇さんとやってあげましょう!」
昇「あ、やった…(どうも素直に喜べないなぁ…)」

麻友「あ、キスはダメですよ!まだ取っておくんだから」
昇「無理に要求はしないよ…」
ゆっくりと麻友をベットの上に寝かせた。
そして麻友の下を舌を使ってなめ始めた。
麻友「あ!ん…あぁ」
昇「(経験がないんだな…)」
そのことには気づいたがやめる理由にはならない。
麻友「あ…!昇さんうまい…!もっとやって…!」

昇はさらに麻友の下を攻め続ける。
麻友「ん、んん!あぁ…気持ちが…!」
こうなると麻友は止められない。
麻友「あぁ…も、もう我慢できない!昇さん」
昇「ん?…」
麻友は唇を合わせた。舌を入れて昇を誘惑する。
麻友「…!!」
昇「…?」
一旦離れる。
昇「あれ?キスは取っておくんじゃなかったの?」
麻友「そんな昇さんがうまいから…ついノっちゃって!でもファーストキスとしては最高ですよ。さぁ、麻友をもっと大人にさせて…!」
再び麻友は寝転がった。

昇は麻友の足を広げた。そして
昇「麻友の体をいただきまゆゆ…」
そうつぶやきながら自分のものを麻友の中に入れていく。
先端だけ入れてみる。
麻友「あぁ…んん…!」
昇「濡れてるなぁ…」
全部が入れ終わり少しだけ動いた。
麻友「あ…あぁ!ん…ん!」
昇「麻友ちゃんのものが刺激する!」
体勢を立て直してお互い抱き合いくっつけあった。
昇「もっかい見ても麻友ちゃんってかわいいなぁ…!」

麻友「昇…あぁ…!もっと…もっとやって!」
昇「(麻友ちゃん、本当の目的忘れてないか…?ま、いいけど!)」
昇は麻友の胸をさすったり腰を打ちつける。
麻友「あ、あぁ!んん!さ、最高…!」
昇「絶対ありえないと思う…けどなんか僕…麻友ちゃんのことが好きになったみたいだ…」
麻友「あん…私もなんだか昇の全部が知りたくなっちゃった!」

もう行為をやめる考えはない。
頂点に達しようとしていた。
昇「そ、そろそろ限界がきた…」
麻友「わ、私の中に出してもいいですよ…!」
昇「それじゃお言葉に甘えて…」

昇は麻友の中に放出した。
麻友「はあはあ…。こんなに気持ちよく汗かいたの久しぶり!」
昇「これでよかったのかな…?」
麻友「大丈夫だって!絶対にばれないよ。ばれても私は昇とやったことには後悔しないからね!」
昇「あ、そう…それならいいんだけどね」
麻友「というわけでこれからも暇なときはやろうね!」
昇「そうだな…麻友ちゃんがそうやって言うならやってあげるよ」
麻友「やぴゃあ!」

番組収録などで麻友はすごく明るくなった。
由紀「麻友ちゃん…も?」
疑いを持ち始める由紀であった。

戻る
出展は下記より
AKBのエロ小説
迎夢
トップ
総合テキスト投稿&無料HP作成
(C)Chaos-File.jp